内科

内科

「カゼ気味かな?」「微熱がある」「おなかが痛い」「よく寝ても疲れが取れない」……。普段の生活で、こうしたちょっとした不調に気がついたら、一度、ご来院ください。診察を受けて、何でもなければ安心ですし、必要なら検査しましょう。大切なのは、ちょっとした不調も放置しないこと。健康は、実は努力しないと得られない場合もあるのです。

内科

内科では、日常的な軽度のカゼや、腹痛・下痢といった消化器系の病気など、内科的疾患を中心に外来診療を行います。明らかな症状があるときはもちろん、いつもより体調がすぐれないとき、不快な症状があるときには、ぜひ受診してください。患者さまのお話をうかがった上で、必要な検査を行い、診断・治療いたします。そのほか、生活習慣に関わる病気も内科として扱います。

生活習慣病

生活習慣病

身体によくない悪習慣が引き起こす病気、すなわち生活習慣病(糖尿病・高血圧症・脂質異常症など)については自覚症状がない疾患が多く、健診などの数値によりその病気だと確定することがほとんどです。こうした疾患には、まず生活指導(栄養や運動の指導)を行い、さらに必要な場合には薬物療法を実施することで、各患者さまの病態に合った医療を提供いたします。また、禁煙できない方のためには禁煙外来、睡眠について問題を抱えている方には睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査・治療もおすすめしております。

糖尿病

糖尿病

体内で自己分泌されるインスリンがうまく作用しない、またはインスリンが分泌されないことで、血糖値が高くなってしまう病気です。体調に変化がないからと放置すると早期に合併症を併発する可能性が高まります。合併症出てきたころには取り返しがつかなくなっていることもあるので、早期治療が必要です。よく知られている合併症には、糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害、脳梗塞・心筋梗塞・下肢潰瘍・歯周病などがありますが、最近では慢性腎不全の主要な原因として糖尿病が挙げられていることからも、糖尿病の患者さまは注意が必要です。

高血圧症

自覚症状はほとんどなく、気づかないうちに高血圧になっていた、という患者さまが少なくありません。高血圧が進行すると、動脈硬化から心筋梗塞、脳梗塞といった致命的な症状や慢性腎臓病の発症を招く可能性があります。普段から、減塩や運動による血圧コントロールなど、適切な生活習慣改善の指導と実行が必要です。

脂質異常症

脂質異常症

これといった明らかな症状はほとんどありませんが、健診の結果などで、コレステロールや中性脂肪といった血中脂肪の数値が正常値を逸脱していれば、この病気だとわかります。その状態を放置してしまうと、動脈硬化や慢性腎臓病を引き起こすほか、脳卒中や心筋梗塞など重篤な病気のリスクが高まります。

高尿酸血症

内臓脂肪の多い肥満体型の方にありがちな疾病で、尿酸値の数値を高いまま放置しておくと、いわゆる痛風や尿路結石として発病します。また、その先では動脈硬化のリスクも高まってきます。検査で異常値に達したら、積極的な食事・運動療法を実行し、さらには内服治療が必要になります。

禁煙外来

禁煙外来

喫煙は生活習慣病の一因ともいわれるほか、がん発症のリスクを高め、動脈硬化や高血圧の要因でもあるとされています。しかも、禁煙したくてもなかなかできない方もいることから、現在では、「禁煙外来(保険適用)」が設けられています。病気の原因を一つでも減らしたい喫煙者の方は、ぜひご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

朝寝起きが悪い、十分寝たのに疲れが取れない、昼間眠たくなる、あるいは眠ってしまうといったことが続いていると思い当たる方は、要注意です。睡眠中に、無呼吸や激しいいびきという睡眠障害が起きているのに自分では気がつかないSASという疾病の可能性があります。しかも、高血圧の方はSASを併発することが多く、その両方の治療が必要になることもしばしばです。まずは、SASの検査を受けていただき、適切な診断のもと、治療を行いましょう。

さまざまな検査

さまざまな検査

当院では、合併症の早期発見・病態の評価などのために、独自に検査が必要だと考え、必要に応じて実施しております。

血液検査

生化学(腎機能・肝機能・脂質・電解質)など、血糖・ヘモグロビンA1c、血液一般、炎症反応、血液ガスなど

尿検査

尿検査一般、微量アルブミン、尿中クレアチニン

感染症迅速診断

インフルエンザ、溶血連鎖球菌、マイコプラズマ、COVID-19

さらに、胃がん、肝臓・膵臓疾患、心臓疾患を詳しくチェックしたり、糖尿病の動脈硬化評価を行ったり、患者さまの病態、ご心配されている内容に応じた下記の検査を実施いたします。

  • 上部消化管(食道・胃・十二指腸)内視鏡(胃カメラ)検査
    (なお、2020年9月現在、新型コロナウイルス感染症予防のため、胃カメラ検査は休止しております)
  • 超音波(エコー)検査(腹部・心臓・頸動脈・甲状腺・副甲状腺・バスキュラーアクセス・下肢血管)
  • レントゲン、心電図、24時間心電図、24時間血圧計
  • 動脈硬化検査(CAVI・FMD)
  • 骨密度検査(DEXA)
  • バスキュラーアクセス(シャント)造影検査
  • 肺機能検査(スパイロメーター)
    (なお、2020年9月現在、新型コロナウイルス感染症予防のため、肺機能検査は休止しております)

最近では、肥満傾向や下半身の筋肉量が少なくなっている方が多いようですが、自分の組成を知らないのが実状でしょう。肥満は生活習慣病に直結し、とくに下半身の筋肉低下は転倒そして骨折につながります。そのままにしておくと、将来は寝たきりになる可能性も。そこで、まだリスクの低いうちに、自分の体を知ることで予防のアドバイスをいたします。当院では、体脂肪・体水分量・筋肉量などを測る装置を利用して、生活習慣病の予防や筋力保持・向上のために役立てています。

InBody(インボディ)検査

体内の脂肪量・水分量・筋肉量といった体内組成を計測し、その結果に応じて、食事や運動の改善について指導いたします。

軽度認知障害(MCI)スクリーニング検査(有料)

アルツハイマー病など認知症への前段階のことを軽度認知障害(MCI)と呼びますが、この段階で発見・治療することが、認知症の予防へとつながります。

  • 費用:¥18,400(税込)
    +ATOE遺伝子検査¥12,300(税込)

健康診断について

健康診断について

当院は協力医療機関として、呉市をはじめ、近隣の企業の法廷健診を実施しております。また、各生命保険会社指定の健康診断、個人の健康管理を目的とした健康診断を受け付けております。自らの健康管理は、まず身体の状態を知ることから始まります。そのために検査を受けるチャンスを逃さず、進んで受診されることをおすすめします。その結果、すべてが正常であれば安心して過ごせますし、もし不調などが見つかれば当院で適切にフォローいたします。健診の手続きなど、詳しくは呉市や各企業にお問い合わせください。また、健診後の呉市のフォローなどには、当院も関わってまいります。

当院で実施している主な健康診断

  • 呉市の健康診査(特定検査・呉市大腸がん・呉市骨粗鬆症・呉市胃がん・呉市肺がん検診)
    ※当院は呉市小学校検尿・呉市小児生活習慣病の協力医療機関です。
    ※呉市以外のものはお問い合わせください。
  • 企業の法廷健康診断
  • 各種個人の健康診断
  • 被爆二世健康診断
  • 進学・雇入時の健康診断
  • スポーツクラブ等入会のための健康診断 など

各種予防接種

当院では、小児・児童対象の定期的なものから、成人向けのものまで、各種予防接種を行っております。ご希望の方は、ご予約の上、ご来院ください。

定期予防接種

  • 二種混合(2期のみ)
  • 日本脳炎
  • 呉市風疹抗体検査及び予防接種
  • 第5期風疹抗体検査及び予防接種
  • 高齢者肺炎球菌

任意予防接種

  • インフルエンザ(小学生以上)
  • 麻疹、風疹
  • おたふくかぜ
  • 水痘
  • 帯状疱疹
  • B型肝炎

お問い合わせはお気軽に

生活習慣病(糖尿病、高血圧症、脂質異常症)や老年期疾患の診断、治療および慢性腎臓病の診断、治療、そしてその終末像のひとつである腎不全医療をのことなら中央内科クリニックへお越しください。